五島交通NEWS|五島列島専門の交通メディア イメージ画像

NEWS HEADLINE

九州商船は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、4月23日までジェットフォイル便のダイヤを一部減便する。3月1日~4月23日のダイヤは以下の通り。・長崎発07:40 (福江着09:05、奈良尾着09:50)14:50 (福江着16:15、奈良尾着17:00)16:30 (奈良尾着17:40、福江着18:1
『九州商船ジェットフォイル便、4月23日まで減便継続』の画像

木口汽船のフェリーひさかは、2月26日から3月13日までドック入りする。期間中の福江・奥浦~田ノ浦航路は「シーガル」のみの運航となり、ダイヤが変更される。期間中の「シーガル」ダイヤは以下の通り。・福江発09:10 (田ノ浦09:30着)13:35 (田ノ浦13:55着)16:55 (田ノ浦1
『木口汽船フェリーひさか 3月13日までドック入り』の画像

五島旅客船の高速船「ニューたいよう」は、2月27日以降機関故障のため運休している。2月28日現在、ニューたいようは長崎港内に係船されており、復旧は未定。・関連リンク九州のりものinfo.com
『五島旅客船「ニューたいよう」機関故障で運休』の画像

福江空港は、3月1日から航空貨物予約受付受託新システムの稼働に伴い、福岡行に搭載する航空貨物(福岡空港を経由して輸送する貨物を含む)については事前に予約が必須となる。また、搭載にあたっての貨物受託締め切り時刻が厳格化され、締め切り時刻を過ぎた搭載は一切でき
『福江空港、福岡行の貨物受付を事前予約制に変更』の画像

五島旅客船の新造フェリー「OCEAN」が24日長崎港の井筒造船所で披露された。現在運航している「フェリーオーシャン」(1995年12月就役、396トン)の老朽化に伴うもので、鉄道・運輸機構からの9割の融資により建造された。総工費は約13億円。定員はそのままに、船体は拡大され
『五島旅客船新フェリー「OCEAN」3月22日就役へ』の画像

オリエンタルエアブリッジは、新型コロナウイルスに伴う需要減退により引き続き3月1日~15日も長崎線、福岡線を減便する。長崎線は期間中は1日2往復運航となるが、福岡線では3月6日と15日は減便を行わない。期間中減便となる便は以下の通り。・福江~福岡線福江13:50発(福岡
『ORC、3月1~15日も福江発着便減便継続 一部日には運航も』の画像

九州商船の高速船「シークイーン」は、2月25日~3月19日の間ドック入りする。期間中は「びっぐあーす2号」による運航となるため、台風9号による桟橋損壊をうけた宇久平港へは寄港しない。期間中のダイヤは以下の通り。・佐世保発08:40 (有川着10:05、小値賀着10:50)16:55 (
『九州商船「シークイーン」2月25~3月19日ドック入り』の画像

九州商船は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、3月末までジェットフォイル便のダイヤを一部減便する。現在はドックダイヤにより1日2往復で運航しているが、2月13日以降のドックダイヤでも引き続き1日2往復で運航する(なおダイヤは変更される)。また、3月1日から
『九州商船、ジェットフォイル便の運航計画を変更 3月末まで』の画像

ANAは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い1月19日以降運休していた福江~福岡線の運航を再開する。これにより、福江空港を発着する便は2月8日より福岡線長崎線ともに2往復4便の運航となる。運休対象となる便は以下の通り。運休予定期間は2月28日まで。・福江~福岡線福江13
『ANA、福岡線の運航再開 本日8日より』の画像

オリエンタルエアブリッジ(ORC)は、新型コロナウイルスに伴う需要減退により2月1日~7日も福江発着便などを減便する。これにより、ANA自社運航便を合わせて、福江空港発着便は2月7日まで福岡線1往復2便と長崎線2往復4便のみの運航となる。2月8日以降は未定となっている。あら
『オリエンタルエアブリッジ、2月1日~7日も減便継続』の画像

↑このページのトップヘ